ボルトモミ取り

①対象ボルトのサイズおよび種類
 <サイズ>4㎜~6‐1/2inch(165.1㎜)
 
 <種 類>M , UNC , UN , UNF , W , PT , NPT , PF
       メーカー独自の特殊ボルト

②材 質(被削材)
  SS ,炭素鋼 ,クロムモリブデン鋼 ,ステンレス ,インコネル など

③主な使用機材
 1)エアーボール(不二空機FRD23R~FRD100R)
 2)電気ドリル・アトラ
 3)エアーサンダー・電気サンダー(200V)
 4)エアーグラインダー(棒グラインダー)
 5)エアーインパクトレンチ
 6)ドリル ・ タップ
 7)治 具

④作業条件
 1)加工機の取付けスパン及び作業スペースが確保できること
 2)エアー源(既設エアー・エンジンコンプレッサー)
   電源(100V/200V)
   作業用足場があること
 3) 対象ボルト・機器の図面があること、
   また現物でボルトサイズ・ネジ種類・材質・メネジ深さがわかること
 4)切削可能な材質であること

⑤受注件数の多い作業件名(火力発電所定検工事)
  1)ガスタービン定検分解に伴う各種ボトル・ピンモミ取り作業
  2)蒸気タービン定検分解に伴う各種ボルト・ピンモミ取り作業
  3)主要弁スタッドボルトのモミ取り

■モミ取り作業<動画>